マイナンバーに合わせて会計ソフトを導入


会計ソフトはある程度の規模の企業であれば必須とも言えるソフトウェアです。

基本的に契約社員、正社員、パート、アルバイトといった雇用形態に応じて毎月の給与計算や税金、控除などの処理を行います。



また、労働基準法などの法改正や、マイナンバー制度といった特別な仕組みの導入が必要になった場合も素早くアップデートして対応しています。

販売形態はメーカーによって異なりますが、主にパッケージ版とクラウド版に分かれます。
パッケージ版のメリットは規模が少人数の企業でも導入可能なこと、導入企業に特有の給与計算処理が存在していてもカスタマイズしてシステムに組み込んで処理可能な点です。逆に注意するべき点は導入するためのサーバーを自社で用意する必要があることや、そのサーバーの保守が必要となる点です。

法改正などによるアップデートが発生した場合はサーバーにアップデートプログラムを適用するなどの作業が発生します。

クラウド版のメリットは利用開始時にサーバーの導入やソフトウェアのインストール、セットアップが不要な点です。

システムの運用、保守は販売メーカー側で行ってくれます。

NAVERまとめの情報を手に入れてみませんか?

もちろん、法改正やアップデートについても負担はありません。
利用はインターネット経由でウェブブラウザから行う形態が主ですが、セキュリティやデータバックアップなどの面でも最善の注意を払っています。
注意すべき点は販売会社のリソースを利用するため、導入に必要な最低社員数がパッケージ版よりも多く設定されているものが多い点です。

導入価格も基本料金に加えて従業員一人当たりの価格といった計算になっているのが基本です。



また、導入企業の給与形態に応じたカスタマイズが難しい製品なども存在します。それぞれの性質を理解、比較して導入するのが良いでしょう。